対話から学ぶ性の健康教育を広げるNPOピルコンの公式サイト

性暴力

性暴力とは、性に対する人権侵害です。性と生殖に関する健康と権利を犯し、幸せで健康にすごせないことをいいます。

具体的には、むりやり性行為を強いられるレイプ、デートDVや痴漢、セクハラなどの性的嫌がらせなどあなたが性的に「イヤだな」「気持ち悪いな」と思えばそれは性暴力です。

また、性暴力そのものによる直接の被害だけでなく、「被害のショックでなにもやる気がおきない」「性暴力に対する誤解や偏見で心ない言葉をかけられてショックを受けた」「外出したくない」「人とかかわりたくない」など性暴力の後にもいろいろな影響があります。特に性暴力は、他の犯罪よりも正しいことが伝わっておらず、被害の後さらに傷つけられることがあります。このことを「二次被害」「セカンドレイプ」といいます。
性暴力はよく「加害者が悪い」ことの前にその時の被害者の服装など「被害者の自衛」が取り上げられ、本当は加害者が悪いのに被害者の人が苦しむことが多いです。
性暴力に対する正しい知識を持つことは、被害者への偏見をなくし支えることにつながります

  1. もし被害にあったら
  2. 性犯罪の相談窓口
  3. セクハラとは
  4. リベンジポルノとは

1. もし、被害に(あなた、友だちが)あったら

もし被害にあっても決して被害者が悪いわけはありません。
悪いのは100%加害者です。
もし心ない言葉をかけられても、被害にあった人をせめないでください。
被害にあった時は自分の心身をこれ以上傷つけないようにすることが大切です。
もし、友だちが被害にあったら、その友だちの意思を尊重した上で支援機関につなげる事が大事です。
以下の方法で対応しましょう。

①警察:被害を訴えたい場合、行きましょう。警察の人と相談して婦人科に行くことを検討してみてください。

②婦人科・産婦人科:体の治療を受けたい場合、行きましょう。お医者さんと相談して被害を訴えたい場合、警察に行くことを検討してみてください。

③性暴力被害者ワンストップ支援センター:被害に遭ったことを専門家に相談し、今後の対応を考えたい場合行きましょう。

どこから行っても大丈夫ですが、専門家と相談して次の支援先を尋ねることをおすすめします。
「これって性被害?」と悩んだときは警察の電話相談や性暴力被害者ワンストップ支援センターで相談してみてください。痴漢被害についての相談にものってくれます。

① 警察に行く
illustrain02-building11

警察に行くとき、できれば被害にあったままの服装、トイレに入らず行ってください(着替えた場合はすべての服をビニール袋などで持参しましょう)。

 

 

② 婦人科・産婦人科医に行く
illustrain10-tatemono04

病院で性感染症に感染していないかの検査ができ、性行為から72時間以内であれば緊急避妊用のピルをもらえます。72時間をすぎると効果が落ちてしまうので早めに行きましょう。
また、加害者の体毛・精液を採取するため、できれば被害に遭ったままの服装でトイレに入らず行ってください(着替えた場合はすべての服をビニール袋などで持参しましょう)。

③ 性暴力被害者ワンストップ支援センターに行く
illustrain09-tatemono10

性暴力にあった方に、医療・福祉・司法等の必要なサービスを、1か所でまとめて提供する「性暴力被害者ワンストップ支援センター」が、全国各地にできつつあります。 性暴力被害者の支援経験がある、もしくは被害者支援のための研修を受けたスタッフが、対応します。

>>性暴力被害者ワンストップ支援センター一覧(性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”)
http://purplelab.web.fc2.com/onestopcenter.html

 

支援を受ける上で心にとめておいてほしいこと

・支援先では、思い出したくない質問をたくさんされます。すべての質問に答えないといけないわけではありません。自分の体と心を守って、これ以上傷つかないことの方が大切です。
・心ないことを言われることがあるかもしれません。でも、それは性暴力の理解が進んでいないからです。けして被害者が悪いからではありません。
・言えないこと、できないことは、はっきり意思表示をして、分からないことは何でも質問してみてください。

2. 性犯罪の相談窓口

性犯罪の被害に遭ったことを相談したいとき「これって性被害?」って悩んだときにも気軽に相談できる電話相談先があります

●#8103 性犯罪被害者相談電話(全国統一)
各都道府県警察の性犯罪被害相談電話窓口につながる全国共通の短縮ダイヤル番号。ダイヤルすると発信された地域を管轄する各都道府県警察の性犯罪被害相談電話窓口につながります。(受付時間は各地域の窓口によって異なります。)
http://www.npa.go.jp/higaisya/seihanzai/seihanzai.html

●088-873-0110 レディスダイアル
「警察署には行きづらい」「性的なことを男性警察官に話しづらい」などの気持ちから、被害の届出を迷っていたり相談をためらっている方のために、女性警官が対応する電話相談窓口。(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

こんなことを聞かれます

・加害者との関係(知り合い?知らない人?)
・被害に遭った時間、なにをするためにその場にいたのか。
・どんなことをされたか(とてもデリケートな問題で話したくないと感じるかもしれません。自分の無理のない程度に答えてください。)

被害を警察に届けた後の流れを知りたい場合

・福岡県警察『性犯罪の被害にあったとき…』
・高知県警察ホームページ こうちのまもり『性被害にあってしまったら』

3. セクハラとは

ストップ禁止の手のひらアイコン「セクハラ」とは、英語のセクシュアル・ハラスメントの略で、性的ないやがらせをすることです。セクハラには、いやらしい形で体に触るなどの身体的な接触による嫌がらせもあれば、言葉によるものも含まれます。

<セクハラの例>
・身体に関するからかい・性的な冗談やからかい
「胸が小さいね!」「大きな声で下ネタを話している」「デブ(と言われることで笑いをとっているが、本当はつらい)」
・食事やデートにしつこく誘う
・身体への不必要な接触
・性的関係の強要
・これらを拒否・抵抗すると、「成績をさげるぞ」「仕事をやめさせるぞ」などとおどす

セクハラする側が、セクハラだと気づいていないことも多くあります。言いだせないけど、「本当は辛い」と思っている人がいれば、それは「セクハラをされている」と言えます。
特に男性からのセクハラ発言が多いですが、男性も「童貞いじり」などセクハラの被害者になることがあります。
「いつも気にしてなかったけど、セクハラしてるかも」と心当たりのある人は自分の行いを改めて考えてみて、周りの人が「イヤだ」と思いそうなことはしないように気をつけてみましょう。

だれかから「それはセクハラです」と言われた時、あなたはそれについて納得がいかないこともあるかもしれません。何をセクハラに感じるかは、人によって異なります。そして、あなたの行為に対して、相手が「イヤだ」と思ったのは事実です。相手には同じことはしないようにしましょう。相手が何がイヤだったのか、どう相手に接していいか分からない時は、相手に聞いてみましょう。

そして、セクハラに困っている人は「イヤだ」と言ってもいいということを覚えておいてください。直接相手に言うのが難しいときは、まずはその場から立ち去るということもできます。
その時相手に言えなかったとしても、周りの友達や身近な大人・先生に相談するなどして対処を考えましょう。
学校や会社でハラスメントの相談窓口を設けている所もあるので、相談してみましょう。

4. リベンジポルノとは

カメラアイコン8 (1)恋人などパートナーである人が、復讐(リベンジ)を目的として、以前撮影した相手のHな画像や動画をインターネット上などに公開することを「リベンジポルノ」と言い、これは犯罪行為です。

パートナーやパートナーとのプライベートな画像をいつも見られるようにしたい、思い出として残したいという気持ちは自然なことです。しかし、今は簡単に写真や動画をインターネットにアップができる時代です。

撮影するときに「いいよ」と言ってしまうと、写真や動画をインターネット上で公開されたとき、「消して」と言い出しにくいことが多いようです。誰かに相談するのも恥ずかしいと泣き寝入りするケースや、相談できても1度ネット上にあがったものを完全に消すことが難しく、「知り合いにみられるのではないか」と苦しめられる人もいます。

自分の画像を送る時は、SNSを通じて知り合った人や、実際には会ったことのない人はもちろん、信頼している友達やパートナーにも、その後のことをよく考えてどの画像にするか慎重に選びましょう。

そして、友だちやパートナーに他の人に見られたら困るプライベートな写真や動画を「送って」と求めることは、相手を困らせるかもしれないことを知っておきましょう。

あなたの画像を送ってしまった・撮られてしまった場合は相手にデータを消してもらうように求めることもできます。相手のスマホ・PCなどにはいっているデータだとしても、あなたの知られては困る情報なら削除を求める権利があります。自分で削除をお願いすることができない、「けんか別れで別れた後に思い出した」など相手に伝えることが難しければ、専門機関に相談してみましょう。

リベンジポルノについて相談したい方はこちら
【一般社団法人セーファーインターネット協会】
https://www.safe-line.jp/against-rvp/

参考:NPO法人しあわせなみだHP
http://shiawasenamida.org/

PAGETOP
Copyright © pilcon All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.