9月26日は「世界避妊デー」、9月28日は「安全な妊娠中絶のための権利の日」であること、知っていますか?

・日本の避妊はないものだらけ?
・アフターピル、アクセスのハードル高すぎ?
・IUD・IUSって何?
・薬で中絶できるのが世界の主流?

性や子どもを産むことに関わるすべてにおいて、身体的にも精神的にも社会的にも本人の意思が尊重され、自分らしく生きられること。そして、そのために必要な情報を得られ、自分にあった選択肢にアクセスできることは、当然の権利です。
日本・世界の避妊の現状について医療者・当事者の声を聞き、これからの避妊のあり方について考えてみませんか?

<アフターピルのOTC化・アクセス改善を求めるオンライン署名キャンペーンを立ち上げました!>
■プログラム
●日本の避妊法における現状と課題~医療的側面から~
早乙女智子先生(産婦人科医)
●当事者の声から考える避妊の課題とこれから
・染矢明日香(NPO法人ピルコン代表)
・福田和子(#なんでないの。代表)
●会場とのディスカッション

■開催概要
日時:10月7日 13:30-16:30(開場13:15)

参加費:一般2,000円 学生1,000円(当日現金でお持ちください)
申込み:下記フォームからお申込みください
https://goo.gl/forms/jy7r7EkkAF69435a2

共催:NPO法人ピルコン、#なんでないの。

後援:一般社団法人性と健康を考える女性専門家の会