対話から学ぶ性の健康教育を広げるNPOピルコンの公式サイト

政策提言

ピルコンでは性の健康と権利に関する政策提言の活動を行っています。

1. 緊急避妊薬を必要とするすべての女性に届けたい!

署名キャンペーンサイト

緊急避妊薬(アフターピル)は避妊をしなかった・避妊に失敗した性行為から72時間以内に服用することで、妊娠を高い確率で防ぐことができる避妊法です。薬局で安価に入手することができる国々が多い一方で、日本では医師の処方箋が必要であり、価格が6000円から2万円を超えるものもあるなど、緊急時のアクセスが必ずしも容易でないことが課題です。

緊急避妊薬アクセス改善キャンペーンの今まで

2. 包括的性教育を義務教育へ

署名キャンペーンサイト

2018年3月、東京都議会で都内の公立中学校での避妊・中絶を扱った性教育を問題視する都議の指摘を受けて、東京都教育委員会(都教委)は調査・指導をすると答弁しました。年間1万件を超える10代での出産や、10代の中絶が年間1.4万件発生する事例(※1)、また日本の性教育が国際水準から遅れている現状があります。

「性教育は寝た子を起こす」と懸念する声が散見される社会ですが、子どもたちを守るために必要なのは、性を遠ざけることではなく、性について正しい知識を学ぶ機会です。

ピルコンは学習指導要領を見直す必要性について、アドボカシーを行っています。

※1 平成29 年度厚生労働省「衛生行政報告例の概要」より

包括的性教育キャンペーンの今まで

*1 東京都教育委員会 http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/press_release/2019/release20190328_02.html

 

PAGETOP
Copyright © pilcon All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.