ジェネリック薬が発売となり、現在オンライン診療の検討会で議論され注目が集まる緊急避妊薬<アフターピル>。
緊急避妊薬の安全で迅速なアクセスの確保の課題について、専門家と当事者の視点から皆さんと考えます。

【開催概要・プログラム】
1.ご挨拶・参加議員からのご発言

2.講演・報告(敬称略)

●産婦人科医 遠見 才希子
「緊急避妊薬のアクセスを巡る課題の整理」

<プロフィール>
産婦人科医。筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程。「えんみちゃん」の愛称で医大生の頃から性や性感染症について300校以上の中学校・高校で講演。現在は産婦人科医として働くかたわら講演活動を続け、性暴力・人工妊娠中絶についての研究も行っている。

#なんでないの。プロジェクト 福田和子
「当事者の視点で考える緊急避妊薬~調査結果から見えてきた緊急避妊のリアル~」

<プロフィール>
#なんでないのプロジェクト代表。
スウェーデンへの留学をきっかけに、日本の性の健康をめぐる環境があまりに整っていないことに問題意識を持ち、「#なんでないの プロジェクト」を開始。性で傷つくのではなく、人生豊かになる社会を目指して、執筆や講演活動などを行っている。

● 産婦人科医 対馬ルリ子
「臨床の現場から考える緊急避妊薬アクセスの課題」

<プロフィール>
医療法人社団 ウィミンズ・ウェルネス 女性ライフクリニック銀座・新宿 理事長、産婦人科医師。
女性の生涯のかかりつけ医としてトータルな健康支援に取り組む。2003年に女性の心と体、社会とのかかわりを総合的にとらえ女性の生涯にわたる健康を推進するNPO法人「女性医療ネットワーク」を設立。
全国約600名の医師、医療保健関係者と連携し、さまざまな啓発活動や政策提言を行っている。

3.当事者・関係者のリレートーク

司会:NPO法人ピルコン 染矢明日香

■日時:2019年5月16日(木)17:00~19:30(開場16:30)
■会場:衆議院議員第一議員会館 大会議室(地下1階)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkaimap.htm

【アクセス】
・「永田町」 ●有楽町線 ●南北線 ●半蔵門線 1 番出口 徒歩 5 分
・「国会議事堂前」 ●丸ノ内線 ●千代田線 1 番出口 徒歩 5 分

■対象者:問題に関心のある一般の方、国会議員の方、医療・薬事に携わる方、メディアの方
※当日はメディア取材が入る予定です
■お申込み:https://forms.gle/WxmnbRUKN9osPDHP9

■定員300名(定員に空きがあれば当日参加可)
■参加費:無料
■主催:NPO法人ピルコン
■協力:なんでないの。プロジェクト

アフターピル(緊急避妊薬)を必要とするすべての女性に届けたい!署名キャンペーン中!
ピルコンでは、厚生労働大臣、日本産科婦人科学会理事長、日本薬剤師会会長に対し、若者・当事者の立場から、アフターピルのアクセス改善を求める署名活動を行っています。2019年5月現在、1万8千筆以上が集まっています。
▼オンライン署名サイトHP: https://www.change.org/afterpill

#なんでないの。プロジェクトでは、緊急避妊薬のアンケート調査をしています。ぜひご協力をお願いいたします。
▼Twitterでの告知
https://twitter.com/nandenaino_
▼アンケート回答ページ
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdBPnfG7hNWf0g_p3baveZbuIG9K4x6UOPjwtHwuIzRPXB9JQ/viewform