ピルコンでは、これからの世代が自分らしく生き、豊かな人間関係を築ける社会の実現に向けて、中高生を対象とする性教育講演や海外の性教育教材の日本語訳を行ってきました。そして、これまでの活動を踏まえ、高校生を対象とする性の健康・リレーションシップ教育教材キットを製作。学校教員や子どもの教育に関わる方に広く活用いただけたらと思っています。今回教材製作に協力いただいた遠藤まめたさん、水野哲夫さんと一緒に、すべての子どもたちに性の学びを届けるには?をテーマに皆さんとも考えます。

▼教材紹介ページ
https://pilcon.org/activities/publications

【開催概要】
■日時:2020年3月28日(土)14:00~15:30
■参加方法:無料オンラインサービスZOOMにて配信
※お申込みいただいた方にZOOMのURLをお送りします。
▼イベントお申込みページ
※申込締め切り:2020年3月27日(金)23:59

 

▼ZOOM WEBページ
▼ZOOM アプリインストール
■参加費:無料

 

【タイムスケジュール】
14:00-14:30 ピルコン染矢より活動・教材の紹介
14:30-15:10 登壇者とのトークセッション
「すべての子どもたちに性の学びを届けるには?」
15:10-15:25 質疑応答
15:25-15:30 クロージング

 

【トークセッション登壇者】
●遠藤まめた氏
トランスジェンダー当事者としての自らの体験をもとに、10代後半よりLGBT(セクシュアル・マイノリティ)の若者支援をテーマに啓発活動を行い、全国各地で「多様な性」に関するアクションや展開している。LGBTユースのための居場所にじーず代表。
●水野哲夫氏
1978年、東京都世田谷区にある私立大東学園高校に国語教諭として就職し、1998年から総合科目「性と生」も担当。現在、関東学院大学、白梅学園大学、一橋大学でセクソロジー関連科目を担当。一般社団法人“人間と性”教育研究協議会代表幹事。『季刊セクシュアリティ』誌副編集長。


【ピルコン 性の健康・リレーションシップ教育教材キット概要】
高校生に性の健康やリレーションシップ(人間関係・関係性やコミュニケーションを指します)を教えるためのスライド教材とハンドブックを中心とする教材集。多様性とジェンダー平等を前提とし、包括的な性の健康・人間関係についての理解を深めることで、誰もが尊重され、より豊かで幸せな人生を実現する可能性を広げることを目的にしています。

▼本教材キットの内容
・[高等学校向け]性の健康・リレーションシップ教育 スライド教材(全47スライド)
・性の健康・リレーションシップ教育実践のためのハンドブック(A4版・22P)
・別添参考資料
 [1]ヒアリングシート
 [2]学校にお願いしたいこと
 [3]実施要項サンプル
 [4]事前・事後アンケートサンプル
 [5]ワークシート
 [6]カップルのやりとりの台本
 [7]性の健康や人間関係を学ぶブックリスト
販売価格:4,400円(税込・送料別)


制作・発行:NPO法人ピルコン
デザイン:チャリツモ
監修:今井伸(泌尿器科医)、遠見才希子(産婦人科医)
協力:遠藤まめた(アクティビスト)、大貫詩織(助産師)、水野哲夫(大学・高校講師)(50音順)
助成:日本財団

 

\ピルコンの活動参加へ興味を持っていただいている方へ/
ピルコンのフェロー等、活動参加へ興味を持っていただいている方向けの活動説明会は4/10(金)19時~20時にオンライン配信で開催予定です。
説明会の動画はアーカイブして閲覧可能にさせていただく予定です。その後、希望者にはオンラインもしくはオフラインでの面談を予定しています。詳細は追って告知いたします。