特別支援学校、障害者支援施設、放課後等デイサービス等に通学・利用している方を対象とする、「ここからかるた」を活用したワークショップの出張開催先を募集します。

包括的性教育を学べる「ここからかるた」を使って、障害のある子ども・若者を性について楽しみながら学ぶきっかけ作りにつながる40~50分のワークショップを無償で出張開催します。実施はNPO法人ピルコンのスタッフが行います。

【ワークショップについて】
■教員・支援員・保護者の方等も参加・見学可能です。

■ワークショップ会場として、申込者の施設や会場のご用意をお願いします。個人からのお申込みは受け付けておりませんので、施設・団体からのお申込みをお願いいたします。

■費用負担:なし。ワークショップに使う「ここからかるた」は施設にプレゼントいたします。
(ただし、東京より遠方の場合は交通費のご相談をさせてください)

■ワークショップ実施時期:2023年2月~3月

※日程はご要望に応じて調整いたしますが、日程によってはお受けしかねることもございます。

※開催2週間前までの日程でお申込みください。

■対象人数:最小5名~最大30名程度

■お申込み:こちらのフォームより、お申込み・お問合せをお願いします。ご相談にも対応しています。

■申込〆切:2023年2月28日(火)

※応募多数の場合は、上記の期日を待たず、受付を締め切ることもございます。ご了承ください。

■助成:テレビ朝日文化事業団

■お問合せ・運営:NPO法人ピルコン

【ワークショップの流れ】

・スタッフ紹介、アイスブレイク

・グラウンドルールの説明

・ワークショップ①自分の好きな札を選び、紹介する

・ワークショップ②ここからかるたで遊んでみる

・まとめ、ふりかえり

※障害のある子ども・若者への性教育について知見のある専門家に助言をいただき、ピルコンのスタッフが運営・実施します。

【本ワークショップの背景・目的】

障害のある子ども・若者たちは、その特性から抵抗したり、被害を訴えたりすることが難しく、性暴力の被害者になりやすいと言われています。また、性の知識や対人スキルの乏しさから、性的問題行動や性加害につながってしまうこともあります。障害のある子ども・若者に向けて、包括的性教育教材を活用したワークショップを実施することで、性の健康について学ぶ機会を提供します。あたたかくリラックスした雰囲気のなかで、かるた遊びやゲームを通して楽しく性のことを学ぶ経験を共有します。また、子ども・若者たちだけではなく、希望する教員や保護者にも参加してもらい、信頼できる大人と性について話しやすい関係性構築にもつなげていきます。