対話から学ぶ性の健康教育を広げるNPOピルコンの公式サイト

政策提言

ピルコンでは性の健康と権利に関する政策提言の活動を行っています。

1. 緊急避妊薬を必要とするすべての女性に届けたい!

緊急避妊薬(アフターピル)は避妊をしなかった・避妊に失敗した性行為から72時間以内に服用することで、妊娠を高い確率で防ぐことができる避妊法です。薬局で安価に入手することができる国々が多い一方で、日本では医師の処方箋が必要であり、価格が6000円から2万円を超えるものもあるなど、緊急時のアクセスが必ずしも容易でないことが課題です。

 

 

緊急避妊薬アクセス改善キャンペーンの今まで

2017年
11月 厚生労働省の検討会で緊急避妊薬のOTC化を見送り

2018年
9月 ピルコンが緊急避妊薬のアクセス改善を求める署名をChange.orgで開始
12月 ピルコンが第1回院内勉強会「生きづらさを抱える女の子たちの心と身体を守るには?性の健康の課題を語ろう!」を開催

2019年
1月 厚生労働省の検討会にて、緊急避妊薬のオンライン診療の検討開始
3月 ピルコンが第2回院内勉強会「緊急避妊薬のアクセス諸課題を考える」を開催
3月 ジェネリック版の緊急避妊薬が発売開始
5月 ピルコンが第3回院内勉強会「緊急避妊薬の安全で迅速なアクセスの確保」を開催
7月 厚生労働省にて緊急避妊薬のオンライン診療が条件付きで承認される
6月 約3万筆のオンライン署名を国会議員へ提出、今後厚労大臣への署名提出を目指す
11月 ピルコンが第4回院内勉強会「子どもたちの健やかな未来を守る包括的性教育」を開催

2020年

6月 緊急避妊薬の薬局での入手を実現する市民プロジェクト(#緊急避妊薬を薬局でプロジェクト)を立ち上げ

緊急避妊薬の薬局での入手を実現する市民プロジェクトにて第5回院内勉強会「新型コロナウイルス感染症の影響下における妊娠不安の実態と緊急避妊薬の課題」開催

2. 包括的性教育を義務教育へ

署名キャンペーンサイト

2018年3月、東京都議会で都内の公立中学校での避妊・中絶を扱った性教育を問題視する都議の指摘を受けて、東京都教育委員会(都教委)は調査・指導をすると答弁しました。年間1万件を超える10代での出産や、10代の中絶が年間1.4万件発生する事例(※1)、また日本の性教育が国際水準から遅れている現状があります。

「性教育は寝た子を起こす」と懸念する声が散見される社会ですが、子どもたちを守るために必要なのは、性を遠ざけることではなく、性について正しい知識を学ぶ機会です。

ピルコンはすべての子ども・若者たちが性の健康と権利を学べる社会の実現するため、学習指導要領を見直し、義務教育段階での性の健康・リレーションシップ教育の必要性について、皆さんの声を届けていきます。

※1 平成29 年度厚生労働省「衛生行政報告例の概要」より

包括的性教育キャンペーンの今まで

*1 東京都教育委員会 

 

PAGETOP
Copyright © pilcon All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.